Uncategorized

リミックスポイントの好業績は暗号資産ブームが火付け役?

皆さんこんにちは(^^♪

クマ男でございます。

今回は『リミックスポイントの好業績は暗号資産ブームが火付け役?』というテーマで話をすすめていきたいと思います。

 

ちなみに今回の記事は、下記記事の続編というかたちで書いております!

もし内容に興味のある方は先に⇩の投稿をチェックして頂けたらと思います

「リミックスポイント」という会社がクソ面白くなってきている話 - 山で隠居生活! 投資家サラリーマン クマ男ブログ
「リミックスポイント」という会社がクソ面白くなってきている話 - 山で隠居生活! 投資家サラリーマン クマ男ブログ

皆さん こんにちは(^^♪ クマ男です! 今回は⇩ 「リミックスポイント」という会社がクソ面白くなってきている話 というテーマで話をしていきたいと思います。   この記事はこんな方にオススメ

dkblog.org

 

さて、今回は「なぜ金融関連事業の伸びているのか?」

ここにフォーカスして記事を書いてみました!

 

なお、本記事にかんしては⇩

  1. リミックスポイントへの投資を検討している方
  2. 暗号資産や株など、投資に興味のある方
  3. 日本の将来がどうなっていくのか気になる方

 

にオススメな記事となっております(^^♪

ということで、さっそくまずは金融関連事業の業績についてみていきたいと思います。

 

リミックスポイントの売上伸び率が半端ない!

出所:IR BANKのデータをもとにクマ男がグラフ作成

 

さて、⇧のグラフはリミックスポイントの金融関連事業の昨年売上対比になります。

 

「なんだこのグラフ」って思われた方もいるかもしれませんが、これは四半期ごとの売り上げで、1Q、2Q、3Q、4Qとそれぞれの期間に区切った売上になります。

すっごく簡単にいうと、春、夏、秋、冬ごとの売上と思って頂ければと思います。

 

今期は2Q(第2四半期)までの決算が発表されてますが、ご覧のとおり昨年の売上を軽く超えているのが分かるかと思います。

 

軽くどころか、2022年1Q、2Qにおいては凄まじい勢いで売り上げを伸ばしているのが分かるかと思います。

 

恐らく3Q、4Qに前年の数字を上回ってくるかと思います。

なので、その理由も含めて、この記事では解説していきたいと思います(^^♪

 

売上爆上げは暗号資産ブームによるもの!

 

では、次に「なぜリミックスポイントの金融関連事業の業績がめちゃくちゃいいのか?」

これについては、仮装通貨とよばれている暗号資産のブームが到来しているからです!

 

じつは、リミックスポイントの金融関連事業とは暗号資産を取り扱った事業なんです。

子会社に「株式会社ビットポイントジャパン」という会社があって、その会社が展開してる事業サービスです。

 

ビットコインが1年ちょっとで14倍の価格へ

 

では、なんで暗号資産ブームが到来すると儲かるのかと言いますと、それはシンプルに会員数が増え、取引量が増えるからですね。

取引量が増えれば、業者としてもスプレッド(実質的な手数料)などで儲けることができるから、会員数は増えた方がいいわけです。

 

そして会員数がどんどん増えてくるのも明確な理由があって、これもシンプルに「儲かる香りがプンプンするからです(笑)」

 

なんで儲かるのかというと、暗号資産ってのは株式投資と同じように、取引所と呼ばれるところで自由に売買できたりします。

なので、むちゃくちゃ買われる銘柄はどんどん値段が上がっていき、購入したときの金額より高くなったときに売れば大変儲かるわけです。

 

で、暗号資産の中で最も取引量が多い銘柄の一つに「ビットコイン」というものがあって、昨年のコロナショックからどんどん買われて、とんでもない価格にまで上がってしまいました。

 

じゃーどれくらいビットコインの価値が爆増したかというと、昨年2021年3月のコロナショックの価格からなんと約14倍です!!

昨年2020年3月に、1ビットコイン50万円割れだったのが、2021年11月には770万円をを突破するという異例の事態です(;'∀')

 

なので、もしもですよ!もし昨年の底打ち価格からビットコインに1000万円分の投資をしていたら、1億4000万円の資産を築いていたかもしれないってことです・・・

 

たったの一年ちょっとで億万長者の仲間入りなんて夢のような話しですね(笑)

 

暗号資産の口座開設数の伸び率が半端ない!

 

次に、暗号資産の口座開設数と、お客さんが口座に振り込んだ資産残高についてみていきます。

実際どれほどのユーザーが増えているのか把握することは大切だと思うので、リミックスポイントの決算資料をみてみたいと思います。

 

さてどんなでしょうか?

 

ご覧の通り口座の開設数が順調に伸びていて、特に2021年2月から3月にかけてぶっちぎりで急増しているのが分かるかと思います。

 

確かにこの期間に関しては、ビットコイン、その他アルトコインと呼ばれる暗号資産の価値が爆増しまくっていた時期です。

銘柄によっては、ほんの数か月だけで10倍の値段がついたりとか、とにかくむちゃくちゃバブリーな時期だったわけです・・・

 

その後、2021年の5月から価格が半値以下になるという大暴落をむかえることになりましたが、それでも同年11月にビットコインは最高値を更新し、依然として暗号資産のトレンドは継続中だということが分かります。

 

そんなこんだで、注目というか話題性がどんどん高まっていき、一気にユーザー数を増やすことに成功したのだと思います。

 

暗号資産ブームが終わればリミックスポイントの好業績も終わる?

 

さて、ここまでリミックスポイントの好業績の秘密は暗号資産ブームが起因していているという話をしました。

 

しかしながら・・・

「いやいやクマ男さん!それって、暗号資産のブームが終了したら、この会社の業績も悪くなるってことなんじゃないの?」

 

そんな風に思われた方もいるかもしれませんね。

 

確かに、ブームが終焉すればこの会社の業績に影響を与えるのは間違いないでしょうね。

 

ですが、この会社は別に暗号資産にフルコミットしているわけではなくて、エネルギー関連事業に関してもむちゃくちゃ好業績です。

というか、もともとエネルギーを主力にしていた会社であって「暗号資産は二番手の稼ぎ頭」という位置づけなんじゃないかなと思います。

 

それと、恐らくこの暗号資産のトレンドは長期的には今後も継続していくと思われるので、そんなに心配する必要はないかと思います。

 

「じゃ~長期的にトレンドが継続する根拠ってなんなのよ?」と、そんなツッコミがありそうなのでお答えします。

 

理由は主に二つあって⇩

  1. 暗号資産は単なる投機目的の商品ではない
  2. 暗号資産を手段として持つ人が今後増えてくる

 

まず「暗号資産は単なる投機目的の商品ではありません!

暗号資産は「新しいインターネットの世界」に必要不可欠な存在だと私は位置づけています。

 

とはいえ、これから話すことは私の解釈なので、詳しい方からすれば「お前全然理解してね~よ!」って言われるかもしれません(;'∀')

なので、ここから先の情報に関してはデタラメな情報を垂れ流す可能性があるので、皆さんは鵜呑みにせず、より詳しいかたの意見に耳を傾けたほうがいいかと思います(笑)

 

超無責任ですが、お許しを🙇

 

今話題のメタバース、NFTの世界は暗号資産が必要不可欠

 

では、「新しいインターネットの世界に必要不可欠な存在ってどういうこと?」

そう思われた方もいるかもしれませんので、すこし例えを用いて説明したいと思います。

 

たとえば、今話題となっているメタバースを例にとってみます。

 

「メタバースってなに?」って話しですが、メタバースとは、ネット上の仮想空間のことで、現実には存在しない世界です。

なんだけど、インターネット上にはその世界が存在していて、あたかも現実世界のような楽しみ方ができるような世界です。

 

オンラインゲームの進化版みたいなものに近いかもしれませんね(^^♪

 

例えば、皆さんはドラゴンクエストというRPGゲームをご存知でしょうか?

私と同世代の方なら実際にプレイしたこともあるでしょうけど、あのゲームの世界ではいろんな町や村があって、そこでは魔物と戦うための武器が売っていたり、身を守るための防具が売っていたりするわけです。

 

そこでは、当然お金を払って購入するわけなんですが、それはあくまでもゲームの世界のお金であって、実際に私たちのお金が減ったり得られたりするわけじゃありませんよね?

そして、当然そのゲームの世界で売っている武器や防具は、私たちが作ったものでもありませんし、売ったとしても私たちの資産が増えるわけではありません。

 

そりゃそうで、ゲームの世界のモノの価値はあくまでもゲームの世界の価値であって、現実世界に紐づくものではありませんよね(^^♪

 

ゲームの世界でリアルマネーに交換可能?

 

なんだけど、ところがどっこい・・・

この考えをひっくり返すのが、暗号資産です!

ゲームの世界で私たちがモノを売ったり買ったりでき、しかもゲームの世界で得られた対価がリアルマネーと交換可能だったりするわけです。

 

普通に考えてそれって不可能ですよね?

でも、それを可能にしてしまうのがNFTと呼ばれる暗号資産の技術だったりするわけです。

 

「え?NFTってなに?ぜんぜん意味わかんないんだけど」って方が出てきそうですが説明がクソ面倒なので、気になる方はググってください!

まあ、簡潔になにが言いたいのかというと「部屋から一歩も出ずに、しかもバーチャル世界でお金が稼げる時代がやってきますよ」って話です(^^)/

 

で、お金を稼ぐためには、やはり暗号資産の知識だったり、実際に暗号資産を持っている必要があったりするわけです。

もちろん、お金を稼ぐためだけでなく、単なる遊びとして楽しむためにも、やはり暗号資産が必要です。

 

だからこそ、この領域が盛り上がれあ盛り上がるほど暗号資産を所有する人も増えてくるので、投機目的としてではなく「自分のビジネスや、遊びの手段として暗号資産を持つ人が増える」

だから、リミックスポイントの会員数も増えて儲かるよね!って話しでございます。

 

もちろん、今後の課題は会員数をどんどん増やしていく必要があるわけですが、リミックスポイントを侮るべからず!

 

実は、とても計算高く、今後のユーザー獲得に向けてとてもうまい戦略を考えていたりします。

 

その点については、また別の投稿でお話しできたらと思っております。

 

簡単なまとめ

 

以上、簡単にまとめていきたいと思います。

 

リミックスポイントの金融関連事業の売上爆上げ要因は、暗号資産のブームによるもの!

 

そして、そのトレンドは長期的に続くと思われ、その理由については、投機目的以外に暗号資産を持つ人が増えるから。

 

暗号資産を持つ人が増える理由は、新しいビジネスや趣味を楽しむためには、暗号資産が必要になるから。

 

だから、暗号資産のトレンドは一時的にダウントレンドになるかもしれないけど、長期的には上方向だから、今後も会員数が増え続け、リミックスポイントの売上は伸び続ける可能性がある!

 

そんな結論でございます。

 

以上、ここまでお読み頂きありがとうございました(^^♪

-Uncategorized

© 2022 山で隠居生活! 投資家サラリーマン クマ男ブログ Powered by AFFINGER5